体温が上がるとどうなるの?

平熱が35度台という低い体温の方が体温が上げることでいいことがたくさんあります。

 

血行が良くなる

体温が低い方は、体が熱を逃さないようにするため血管が収縮してしまい、その結果血行を悪化させています。体温を上げることにより基礎代謝を上がり血流が良くなります。

 

手足、指先など末端の冷え性を改善

体温が上がることにより、からだ全体の血流が改善され手先、足先といった末端まで血液流れ、酵素や栄養が行き渡り新陳代謝も改善されることによって悩んでいた末端の冷え性なども改善されることがあります。

 

酵素が活発になる

私たちの体の中で常時酵素が活発に動いています。この酵素が活動的になる温度というのが約38〜40度といわれており、体の温度が低い35度台の方ではこの酵素が活発に働くことができません。そのため消化不良になり、代謝も悪くなることで脂肪が燃えにくくなり肥満を解消することができません。
体温が上がることによって酵素が活発に働くことができれば代謝がアップしますからおのずと肥満も改善されていきますよ。