効果的に体温を上げるには

あなたは冷え性であることや体温が低いことが体にとって良くないことを知っていますか?

 

特に女性にとって体温を上げることであなたの体の悩みを解消することができるかもしれませんよ。

 

昔と比べると日本人の体温は低くなって、昔の日本人は、平均体温は約36.8度の平熱があったと言われています。

 

現在では、健康な体の方の体温の平熱は36〜37度程度で、手足や指先に冷えを感じる冷え性に悩まれている方の多くは体温の平熱が35度台、悪い方は34度という方もいるのではないでしょうか。

 

35度台は『低体温』が疑われ、35度以下の34度台の方は『低体温』と診断されます。この『低体温』になっている場合には体の様々な部分に悪影響が出ていると言われます。

 

具体的には、体温が低いと血液の循環が悪かったり体内酵素などの働きがわるくなったりと体に様々な支障が生じているのではないでしょうか。

こんな症状に悩まされていませんか?

体がだるい、疲れる

体が冷えると血行が悪化して、体に不可欠な酸素や栄養が全身にうまく循環することができなくなります。そのため新陳代謝が停滞し、体のだるさを感じるようになります。

首や肩のこりがつらい

長い時間同じ姿勢でいることで筋肉が硬直し、血行が悪化します。血液の循環が悪くなることでこりが発生し、冷えが加わることで、さらに悪化させ慢性的な首や肩のこりになっていきます。

夕方に足がむくんでパンパンになる

体が冷えていることで血液のめぐりが悪くなり、本来は排出される予定の水分や心臓に戻る血液が体の末端などに停滞し、それにより足のむくみが生じてきます。

なかなかやせない

冷えにより基礎代謝が低下しているため、体がエネルギーを燃焼しにくい状態に。食べたものがエネルギーに変換できないため蓄積され太りやすい体になっていきます。

 

このようになんとなく病気ではないけど、不調を感じる…体調がイマイチなんてことなりませんか?

 

その不調の原因は、冷えが原因の可能性が大きいですよ!

 

今すぐに改善をしていきましょう!

体温が低くなっている人がとても増えてきている!?

現代社会において、体温が低くなっている人がとても増えてきていると言われています。

 

いわゆる低体温症というものです。

 

この状態になると、身体の免疫力が極端に低下して、あらゆる健康障害を引きおこすことになります。

 

糖尿病などの生活科習慣病、自律神経失調症、女性においてはこれらの病気に加え、更年期障害、冷え性症までも誘発させてしまいかねないのです。

 

普通、健康体と呼ばれる人の平均的な体温は、おおよそ36.5度と言われているのですが、これを1度低いだけでも、身体に大きな障害が出てくるのです。

 

その原因は、偏った食生活によるビタミン・ミネラル不足や、ストレス・運動不足からくる新陳代謝や基礎代謝力の低下 が挙げられます。

 

低体温症を改善させるためには、食生活と運動や精神安定法によって、改善していくしかありません。

 

食生活では、ビタミン、ミネラルを豊富に含んだ野菜類、果実類を摂る必要が出てきます。

 

しかし、注意しなければならないことは、身体を冷やしてしまう野菜がありますので、それは避けるべきです。